運営管理

運営管理Management

  • ライフプランプロデュース
  • 行事・イベント等プロデュース
  • 公共施設の運営管理
  • PPP事業

地域住民の笑顔をつなぐ

PPP事業

PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ:公民連携)は、官と民がパートナーシップとなり効率的に事業を行う新しい形態です。

具体的には、民間委託、指定管理者制度、PFI、民営化があります。双葉化学商会は平成18年から指定管理者として参入を始めました。その中で蓄積された当社のナレッジを用い、企画段階から住民サービスの向上や地域経済の活性化など、PPP本来の趣旨を活かした事業に参画し社会に貢献しております。

指定管理
2006年

西宮市 甲東ホール
西宮市立 北口ギャラリー
西宮市立 市民ギャラリーの指定管理者に認定される。

2010年

神戸市 防災コミュニティセンターの指定管理者に認定される。

2011年

兵庫県立 文化体育館の指定管理者に認定される。

2014年

西宮市立プレラホールの指定管理者に認定される。

2016年

篠山市総合スポーツセンターの指定管理者に、篠山スポーツネットワークの構成企業として認定される。

2017年

芦屋公園有料公園施設の指定管理者

  • 警備
  • 清掃管理
  • 設備管理
  • サービス管理
  • 運営管理

PFI事業

「川西市市民体育館等整備に伴うPFI事業」において、去る2016年8月に新市民体育館が竣工・オープンしたのに続き、2017年3月17日に旧市民体育館の解体及び敷地内の駐車場の整備が終了し、一連の施設整備業務が完了しました。

新市民体育館にはアリーナ・トレーニングルーム・武道場等が備わっており、隣接する運動場と共に市民の健康づくりの中心施設として利用されています。

本事業は、老朽化が著しい市民体育館の建替えを行うと共に、これまで以上に質の高い市民体育館の実現や財政負担の軽減を目的として、川西市発注のPFI事業として実施され、当社が構成企業として参画する特定目的会社(SPC)「川西市スポーツ・ウェルネス株式会社」により、設計・建設から維持管理運営まで一貫して行われる事業です。当社はSPCの一員としてこれからも円滑な事業運営に協力してまいります。

2015年

川西市市民体育館等整備に伴うPFI事業において、川西市スポーツ・ウェルネス株式会社の構成企業として認定される。

プロデュース事業

イベントの企画・運営からライフプランのプロデュースまで、ひとりひとりのニーズ・思いを受けとめて、きめ細やかなサービスを心掛けています。

このページの先頭へ